他社(自社)のアプリのDLを促すリワード付き広告、リワード付きアイテムはリジェクト

□どんなアプリ?

積み積み系のミニゲーム。親ガメさんを左右に移動させて、上から降ってくる子ガメ達を背中の甲羅でキャッチする、というシンプルカジュアルゲーム。無料・有料の着せ替えアイテムあり。他社のアプリの説明動画を15秒閲覧するとアイテムを取得できる、というリワード広告付き。

□リジェクト内容・Appleとのやり取り

Apple「他社のアプリをプロモーションしてはいけません」

3DCM「プロモーション動画のことですか?」

Apple「はい」

3DCM「他社ではなく自社のアプリの動画なら良いの?」

Apple「アプリの宣伝は禁止です」

3DCM「自社アプリもダメ?」

Apple「・・・」

3DCM「自社アプリを宣伝しているアプリはたくさんありますよね?」

Apple「appstoreのランキングに影響を及ぼす機能はリジェクトです」

3DCM「だかた自社アプリの宣伝は?」

Apple「・・・」

3DCM「!?」

□教訓・対処法

他社(自社)のアプリのDLを促すリワード付き広告、リワード付きアイテムはリジェクト

ここでいう「リワード広告」とは、例えばアプリ販促動画を見たり、他のアプリをDLすると、その報酬(リワード)として本来有料のアイテムが無料でもらえるようになること。つまり、有料アイテムを餌に他アプリのDLを促していることになります。

こうしたリワードによるアプリのDLが横行すると、Appleが運営するAppStoreのランキングが操作されることになり、正常でなくなります。そのため、最近ではAppleのリワード広告対策が厳しくなっています。

このアプリのプロモーションに関する規約は下記の通りです。

規約2.25「他社のアプリをプロモーションする目的でAppStoreとにているアプリをリジェクト」

規約3.10「報酬を支払い、不正な手段でランキング・レビューを水増しすることを禁」

では、他社ではなく自社アプリのプロモーションはリジェクト対象になるのか?

自社アプリの宣伝も派手にやるとリジェクトされる?

審査員によって対応にバラつきがありますが、概ねこのようです。

例えば、画面下部などに出るバナー広告での宣伝は、今のところありです。リジェクトされません。

対して、招待IDを提供してアプリがDLされたら、招待した側に報酬を与える仕組みや、
ポイント系アプリ、おこずかい系アプリはリジェクトの対象になります。

また、例え自社アプリの宣伝であろうと、メイン画面いっぱいに宣伝を掲載して明らかに宣伝が主とみなされる場合は、リジェクトの対象になりがちです。自社アプリを宣伝したい場合は、メイン機能とは別画面に、一覧形式で宣伝を載せるやり方は、今のところリジェクトにはなりません。が、それも程度問題で、あまり数多く掲載すればリジェクト対象になります。

ちょっと前までは抜け道として、審査中とAppStore掲載時でネットワーク接続先を変え、審査中は通常の広告を表示し、AppStore掲載後にリワード広告を表示させる、といった方法もありましたが、今はすぐにリジェクトになるようです。

あくまでAppStoreのランキングの正常化が目的のリジェクト項目ですから、リワード広告はやめましょう。

(執筆者 3DCM株式会社 iPhoneアプリリジェクト対策係)

★アプリ企画者必見!世界120ヶ国のアプリランキングを解析!★
rank-app.com
★リジェクトされないiPhoneアプリ企画・開発のご依頼、ご相談をお受けしております★
相談は無料です。お気軽にご相談ください。
————————————————————————————————————————
メールでのお問い合わせ
info@3dcm.jp

アプリ開発の3DCM株式会社ホームページ
http://3dcm.jp/
————————————————————————————————————————

Related Articles:

Post Comment